フランスはシンプルライフに向いている!!

はじめまして、うるです。

 

日本では汚部屋に住み、片付けが出来ない両親の元に産まれたサラブレットな私。

そんな私がフランスでシンプルライフに目覚めました!

今はフランスに住み始めて3年目、フランスはシンプルライフを送るのにとても向いている国だと思います。

  

目次 

フランスがシンプルライフに向いている5つの理由

 

1ファッションに対する考えの違い

 

f:id:urutabi:20170701024733j:plain

夏のAix-en-Provence。シンプルな服装で日差しを満喫。

 

ついつい増えがちなお洋服、特に女性は毎日違ったコーデをしないと周りの眼が気になりますよね。

え?「フランスなんてオシャレな国じゃん!みんなオシャレしているんでしょう?」とか思ってるあなた

安心して下さい!大半のフランス人そんなにオシャレじゃありません。笑

毎日同じ服を着ようが、ぼろぼろの靴を履こうが、(フランスにはこういう人がたくさんいます)

 

誰も見てませんから!!

 

さすが個人主義の国〜

 

とはいえ小綺麗にはしたいですよね。笑

それに一応いい感じの服を着てると皆すぐに褒めてくれます。

「それいいじゃん!似合ってるよ!」なんて言ってくれるので嬉しいです。いい国民性ですね。

 

2素材を生かしたシンプルな料理

 

f:id:urutabi:20170701032902j:plain

 レストランにて。鶏肉!芋!サラダ!

 

フランス料理ってなんか難しそう・・・いろんなソースとか凝ってそう・・・

 

そういったイメージは間違ってはいません。

でも実際フランスの家庭で食べられている料理は、

 

野菜 焼く!

肉 焼く!

魚 焼く!

 

味付けは塩こしょう♪あとハーブ♪

こんな感じです 笑

でも不思議と美味しいんですよね。

フランス式味付けにしてからケチャップやマヨネーズなどソース類は買わなくなりました。

 

3物を大切にする文化

 

まわりの友達とかを見てると年期の入った物を使っている人が多いです。

おばあちゃんが使ってた机を譲り受けた、お母さんの使ってたアクセサリーをつけてる、とか。

 

こういう文化があるおかげなのか流行に左右されず、ちょっとくらい古くても「買い替えたら?」なんて言われる事はあまりないですね。

 

4セールの時期が決まっている

 

フランスには年2回、夏と冬のセール(フランス語だとソルド)があります。

もちろんこの時期以外にもセールは有りますが、この年2回は安さが違う!!

私もこのセールの時にrepettoの靴を買いました。

(日本で買うと4万3000円の靴がなんと約1万6000円で買えた!わーい!)

大半の人がこの時期に買い物をするので普段からショッピングに行く事は少ないです。

日本にいるとついつい休日はショッピングに行っていろいろ買い物〜ってかんじになりがちですが、フランスにいるとセールの時期に買おう!となるので普段の買い物が減りますね。

私はフランスに来てから物欲がましになりました。

日本のショッピングセンターとかディスプレイは綺麗だし店員さんも親切だしでついつい買っちゃうんですが、フランスだとディスプレイは雑だし店員さんもやる気無いのでシンプルライフ向けですね!(もちろん人によります 笑)

ちょくちょくフランスをディスっていますが好きですよ、フランス!

 

5日本と比べて不便!

 

またディスります。笑

日本って本当に便利なんですよ。

とくに100均が!

私は友達の待ち合わせに時間があるとつい覗くくらい100均大好きなんですが、

 

フランスには無い!

そんな便利な物無い!

日本で100円で買える物がこっちだと1000円くらいするときもある!

 

私の心の叫びが伝わりますでしょうか。

まあそのおかげか、「100円じゃん買っちゃお〜♪」という事が皆無ですので物が増える事はありません。

 

 

とまあ長々と描かせて頂きましたがいかがでしょうか?

フランスから始めるシンプルライフ、日本で始めるよりハードル低いと思われます。

 

とはいえまだまだ始めたばっかりのシンプルライフ、これからどういう風になるのかちょこちょこブログを書いていきたいと思います。

フランスの風景写真なども一緒に載せようと思ってるので良かったらまたみて下さいね。

それでは!